FXの証拠金取引とは

fx外国為替とはFXで用いられる証拠金取引とは、私たち投資家がFX取引をする取引業者に預けるお金、証拠金(保証金)で行う取引のことをいいます。近年銀行などで、取扱いをしている外貨預金をご存知かと思いますが、一般の外貨取引では、100万円のお金を預けた場合、100万円までの取引しかできません。さらに詳しく説明すると、1ドル=100円の時であれば、10,000ドルしか購入することができません。しかし、証拠金取引でFX取引を行うと、100万円を預けることによって預けたお金以上、2倍(20,000ドル)などの取引ができ、FX取引業者の中には10倍、また100倍、200倍というFX会社もあります。この証拠金以上の取引ができることを「レバレッジ取引」(=てこの原理)といいます。


※外国為替証拠金取引は、外国為替保証金取引や外貨取引、外為投資、Forex、Foreign Exchangeの略称のFXなどさまざまな呼ばれ方をしますが、一般的にはFXの名称でよばれることが多いようです。