レバレッジ取引とは

fx外国為替とはFXで用いられるレバレッジ取引とは、預け入れた資金(元本)より大きな取引ができる取引のことをいいます。預け入れた資金(元本)と実際投資する額の比率により、レバレッジ何倍という言い方をし、例えば100万円の資金で10万通貨の取引した場合(1ドル=100円)は、レバレッジ10倍と言うことになります。このレバレッジは、FXの取引業者により異なり、一般的なFX取引業者ではレバレッジ10倍程度の取引が可能となっています。しかし、このレバレッジは私たち投資家が、FX取引をする際にあらかじめ設定するものでなく、預け入れた資金と実際の投資額の比率となるため、注意が必要で、高レバレッジ取引が可能なFX業者の場合、限度となるまでいくらでも投資できるということになります。


レバレッジの例:1ドル=100円、100万円の預け入れの場合
100,000ドル÷10,000(元本1,000,000円÷レート100円)=10倍