FX取引・キャピタルゲイン(為替差益)で儲ける

fx外国為替とはFXで利益を得る、儲けるには2通りあります。ここでは、為替差益を狙った「キャピタルゲイン」で儲ける方法をご紹介します。

キャピタルゲイン(為替差益)とは投資用語で、為替の上下で儲けることをいい、簡単に言えば、安く買って、高く売る取引のことを言います。例えば、100万円の元金で10,000ドル投資したとします。(1ドル=100円、レバレッジ1倍)その後、アメリカドルが1ドル120円になった場合、20円上昇したこととなり、20円×10,000ドル=20万円の儲けとなります。(スプレッド、手数料を考慮しない場合)このような取引をキャピタルゲイン取引、為替差益取引、為替売買益取引などと言います。

また、FX取引の場合、現物株式取引と異なり「売り」からの取引も可能です(株式取引でいう、信用取引で行う、空売りのこと)。上記の例でいうと、1ドル=120円の時、10,000通貨を売り、その後1ドル=100円になった時点で買い戻すことによって同様に、キャピタルゲイン(為替差益)で20万円儲けることができます。